妊娠線予防はいつから何をやるべきか






妊娠すると、体型がどんどん変化しそれとともに気になることの1つが妊娠線ですね。
妊娠線予防はいつから始めたらいいのかと思っているうちに、妊娠線が!なんてことになっては大変です。
今回は妊娠線予防はいつから、どのようなことをすればいいのかについてまとめました。

妊娠線とは?

a

妊娠線とは、妊娠によってお腹は急激に大きくなるのですが皮膚の伸びが追いつかずに皮膚(真皮)が裂けてしまった跡が妊娠線と呼ばれています。

また妊娠による急激な体重増加によっては、いつからでも妊娠線ができてしまう可能性はあります。
妊娠線ができる部位はお腹だけでなく、太もも、お尻、二の腕、バストに出る人もいます。

いつから妊娠線が出るかは人それぞれですが、お腹が大きくなり始める妊娠中期頃から出ることが多いようです。
妊娠線は産後にお腹が元に戻ると薄くなったり白っぽくなったりしますが、一度できてしまうと消すことは大変難しいと言われています。
ですので妊娠線が気になる人にとっては妊娠線予防はとても大切になります。

妊娠線ができやすい人、状況は?

妊娠線は必ずしも全ての妊婦さんにでいるわけではありません。
いつから妊娠線が出るのか、それも人それぞれです。
また、1人目の妊娠中にはできなかったけれど2人目の妊娠中にはできた、という場合もあります。

妊娠線ができやすい人や、できやすい状況というのはあるのでしょうか?
妊娠線予防がより大切な人の特徴などをいくつか挙げてみましょう。

妊娠線は、痩せ型、アトピー体質、乾燥肌の体質の人ができやすいようです。
また、多胎妊娠や急激に体重増加をした場合にできやすいです。
経産婦の人は、妊娠して早めからお腹が大きくなりやすいので妊娠線もできやすいと言われています。
これらに当てはまる人は特に妊娠線予防が大切になってくるでしょう。

では、こういった体質や状況を踏まえて、妊娠線予防はいつから何をすればいいのかを紹介しましょう。

妊娠線予防には体重コントロールを!

char05

急激に体重増加することにより妊娠線ができやすい状況になりますので、妊娠線予防には体重コントロールがとても大切になります。

それだけでなく急激な体重増加は、妊娠高血圧症候群のリスクやそれによる胎児の成長や出産にもリスクが生じるため、妊娠中の体重管理はとても重要です。
では体重コントロールは妊娠中いつから気をつけると良いのでしょうか。

妊婦健診で体重コントロールに関する指導があります。
妊娠初期から、健診ごとに体重増加を記録され週単位、月単位の平均でどの程度の体重増加をしても良いかの指導がある場合もあります。
妊娠線予防にも妊娠中のリスク軽減のためにもいつからと言わず妊娠したら体重をしっかりコントロールしたほうがいいでしょう。

また、皮下脂肪が多い場合にも妊娠線ができやすいと言われています。
食事だけでなく、ウォーキングや散歩など適度な運動を取り入れることで体重コントロール、妊娠線予防になります。
軽い運動であれば妊娠中いつからでも始められますが、母体と胎児の状況によっては運動が制限される場合もあります。

医師にいつからどのような運動が可能か確認してから行いましょう。

妊娠線予防には保湿ケア!

妊娠線予防のためには、肌の保湿をしっかりしましょう。
妊娠線ができやすい体質として、乾燥肌やアトピー体質の人を挙げました。

乾燥肌は皮膚に潤いがなく、皮膚が傷つきやすい状態にあります。
そしてアトピー体質の人は、皮膚の弾力が弱くなっていることが多く皮膚が伸びにくい状況になっています。
保湿をすることで肌を守り、妊娠線予防につながるのです。
ではいつから保湿を始めるといいのでしょうか?

妊娠線予防に!保湿はいつから始める?

char05

妊娠線予防として「肌の保湿はいつから始めればいい?」という質問や疑問が出てきます。
いつから保湿をすればいいかわからず手遅れになってしまうこともあります。

お腹が大きくなる頃から始めればいい、と考える人もいるようですが、妊娠線予防としては妊娠初期から始めることがおすすめです。
保湿を意識し始めても、すぐに肌質が変わるわけではありませんので妊娠線がでやすい体質の人は特に早めからしっかり保湿をしておいたほうがいいでしょう。

また、20代よりも40代の人の肌の方が、肌の弾力や水分が少なくなる傾向にあります。
高齢妊娠の人も早めから妊娠線予防を始めましょう。
また、冬の乾燥しやすい時期も早めからの妊娠線予防を意識しましょう。

妊娠線予防に適した保湿剤は?

妊娠線予防をいつから始めるかや、季節、好みによって保湿剤は異なるかと思います。
妊娠初期から妊娠線予防をすることをおすすめめしましたが、つわりで匂いに敏感になっている時や体調がすぐれない時には無理せずいつから始めても構いません。
皮膚が敏感になっている時も、無理せずに始められるタイミングでいつから始めてもかまいません。

無添加のオイルやオーガニックオイルは、自然な匂いのものや肌に優しいものが多いので妊娠初期から使いやすいでしょう。
伸びが良いものはいつからでも使えてお腹が大きくなっても塗りやすいので、長い期間使えるのではないでしょうか。

妊娠線予防効果が高いのは、クリームよりもオイルタイプのものだと言われています。
オイルはベタベタするので苦手な人も多いかもしれませんが、そういった人は、クリームにオイルを少し混ぜるだけでも使いやすくなります。

妊娠線予防にはいつも使っているものより少し保湿効果が高めの保湿剤を選ぶと良いでしょう。
また、いつからでも始められて朝晩しっかり継続して保湿することが大切ですので、高価なものよりも手に入りやすいものを購入する方が良いでしょう。

高価なものを少しずつ使っていては、妊娠線予防の高価が弱まってしまいます。
安価なものであっても、出産までの期間たっぷり頻繁に使用できるものの方が妊娠線予防に高価的でしょう。

また保湿効果を高めるために、お風呂上り5分以内にしっかり保湿することも意識しましょう。
入浴中に体をゴシゴシ洗うことは乾燥肌につながり、妊娠線ができやすくなってしまいますので注意しましょう。
乾燥肌を防ぐちょっとしたケアを意識して行うことであれば、いつからでも始められますね。

いつから?妊娠線予防にマタニティインナー!?

妊娠線予防にはマタニティインナーを使用することも効果的です。
マタニティインナーは、妊娠による体型変化に対応した下着です。
乳腺を締め付けずにバストをしっかり支えてくれます。
お尻やお腹も同じように、マタニティインナーはしっかり支えてくれます。

マタニティインナーを使用することにより皮膚が引っ張られる状態を防ぎ、皮膚の負担が軽減することにより妊娠線予防になるようです。
マタニティインナーも、いつから使用するか悩む人が多いようですが、妊娠初期から使用することがおすすめです。

マタニティガードルやサポート下着も妊娠線予防にはおすすめです。
ただしやや締め付けもあり、妊娠中に腹帯やサポート下着を勧めていない産院もあります。
こういった締め付け感のあるガードルや腹帯などは、いつからいつまで使用すればいいのか医師や助産師に相談してから着用したほうがいいでしょう。

妊娠線予防には生活習慣、栄養バランスを見直してみよう!

妊娠線予防には保湿と同じように、肌を柔らかくして健康な肌を作ることも大切です。
そのためには栄養バランスの整った食事をして、規則正しい生活習慣を送ることも大切です。
日常生活で少し気をつけるだけで、特別なことではないのでいつからでも始められますね。

妊娠中は体重コントロールも大切ですので、ついカロリーばかり気にしてしまいがちです。
ですがカロリーだけを気にして炭水化物ばかり、野菜ばかりと偏ってしまっては妊娠線予防としては逆効果になってしまいます。
肌を作るたんぱく質は、赤ちゃんの成長にも大切な栄養素ですのでしっかり摂取しましょう。

食習慣、生活習慣の見直しはいつからでも始められていつからでも修正できます。
妊娠線予防だけでなく妊娠経過や胎児の発育にもとても大切なですので、妊娠がわかったら心がけるようにしましょう。

妊娠線予防は早い時期から!

IMG_0129のコピー

妊娠線予防は早い時期から始めたほうがベストです。
ただし、妊娠初期はつわりがひどかったり体調が優れなかったりする場合もあります。
そういった場合は無理せずに、できる時にいつからでも始めてみましょう。
皮膚が敏感になっている時期には、綿の肌着や下着や、敏感肌用のクリームであれば比較的使用しやすいようですので試してみてください。

妊娠線予防はいつから始めるか?どのようなことをするのか?ということを紹介しました。
いくつかの予防法をあげましたが、いつから始めるかということに関しては、全ての予防法においてなるべく早い時期から始めるのがいいようですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ