妊娠超初期症状は、命を育もうとする体が見せる変化






fumira_mamakids1_soft

妊娠の週数の数え方を改めて振り返ると、最終月経の第2日目が妊娠初日とされていることに驚く人もいるのではないでしょうか。

つまり、妊娠の超初期とは、まだ子宮内に赤ん坊も受精卵もいない時期も含めて、やっと受精・子宮内に着床し、受精卵が成長し始めた最初の1ヵ月目の頃を指すのですね。
そんな時期の妊娠超初期症状にも様々あります。

勘違いしやすく、でも、今までとちょっと違う症状が出てくる

妊娠超初期症状としては、胃痛や下腹部痛といった症状が出て、月経痛や排卵痛と勘違いする人もいるのではないでしょうか。

これは、受精卵がうまく着床できるように子宮内膜が厚くなることによる影響かもしれません。
また、頭痛や微熱等による熱っぽい感じ、あるいは、妙に眠気を感じたりする人もいます。
これは、ヒト絨毛性ゴナドトロピンという妊娠によって出現するホルモンが分泌されて、これまでと違うホルモンバランスになることが影響するのかもしれません。

知らないうちに新たな命を育む体になっていく

体内に自分以外の新たな命を宿すわけですから、体の内部は適応するために変化していくものです。
胃痛や下腹部痛、頭痛や微熱、眠気といった妊娠超初期症状は、その片鱗なのでしょう。

まさか、あれが妊娠超初期症状だったのかと後で気づくものもあるかもしれません。
人によって妊娠超初期症状は違いますし、その時には、妊娠超初期症状だという自覚もないかもしれません。

妊娠は新たな命を育むことですから、日頃の体調の変化や健康的な生活に気を配りたいですね。

ですから、妊娠超初期症状らしきものを感じ取ったら、改めて日々の暮らしを振り返るのも良いのではないでしょうか
お化していくものです。
妊娠超初期症状は、その片鱗を見せたものなのでしょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ