陣痛を軽くする食事法


出産が近づくにつれて、陣痛への怖さも増してくることでしょう。
陣痛を軽くする方法があれば、試してみたいと多くの妊婦さんは思うことでしょう。
今回は陣痛を軽くする食事法について紹介します。

陣痛を軽く=陣痛を強める!?

陣痛を軽くすると言っても、痛くない陣痛は出産までの時間が長引いてしまって疲労感が増してしまう可能性があります。
また、陣痛が始まってから出産までの時間が長くなれば赤ちゃんや母体の命が危険にさらされてしまいます。
陣痛を軽くする方法は「陣痛を強めて分娩時間を短くする」ということでもあります。
こういったことにも注目して陣痛を軽くする食事法を紹介します。

陣痛を軽くするためには、妊娠中から体重増加に注意した食事を!

陣痛を軽くするために妊娠中から気をつけたいのが、体重増加しないよう食事をとることです。
産院でも注意があると思いますが、体重増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病につながる可能性があり、これにより出産時の母体や胎児が危険な状況になる場合があります。
また、子宮周辺に脂肪が増えると子宮収縮する力が弱まってしまい微弱陣痛にもつながります。

陣痛を軽くするためにも、体重増加に注意してバランスの良い食事を心がけましょう。
甘いものばかり摂りすぎないよう、間食の内容にも気を付けましょう。
また、食事だけでなく適度な運動も取り入れるよう心がけるといいですね。

陣痛を軽くするハーブティー!?

欧米ではよく飲まれている「ラズベリーリーフティー」は、陣痛が軽くなったり安産につながるお茶として知られています。
ラズベリーリーフティは、出産の3ヶ月前頃から1日2~3杯飲むと陣痛を軽くする効果が期待できるようです。
食事の合間に取り入れてみましょう。

陣痛を軽くするだけでなく、分娩時の出血を少なくしたり、体を温める効果やリラックス効果も期待できます。
産後の母乳の出が良くなる効果もあるようですので、妊娠中から産後にかけての女性にお勧めしたいハーブティーですね。

陣痛中は、軽い食事で栄養補給!

陣痛を軽くするためには、体力をしっかりつけておくことが大切になります。
個人差はありますが、陣痛中に食事できる余裕があれば食べられるものを食べておきましょう。
栄養補給のための飲むゼリーなどであればどのような状況でも比較的口に入れやすいですね。
おにぎりよりも、小さなパンや甘い物のほうが食べやすかったという人が多いようですが、状況に応じて食べやすい食事をとるようにしましょう。

普通の食事ができる人はいつも通りに食事しましょう。
水分補給だけで精一杯の場合には無理に食事をしなくても問題ありません。
陣痛が始まった時の様子を見て家族に食べ物を買ってきてもらってもいいかもしれませんね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ