産後の抜け毛を防ぐ妊娠中の対策






妊娠前になかった体のトラブルを産後に感じる人は多いようです。
その中でも産後の抜け毛は女性にとってツライ症状の1つであり、一時期のことだとわかっていても気分が沈んでしまいます。
産後の抜け毛を防ぐために妊娠中からできる対策を紹介します。

産後の抜け毛はなぜ起こる?

産後の抜け毛の主な原因は、女性ホルモンの変化であるようです。
妊娠中は毛深くなったと感じる女性が多いのですが、これは女性ホルモンが妊娠中に増加したことによるものだと言われています。
それとは逆に、産後は急激に女性ホルモンが減少するために髪が抜けやすくなるのです。

産後の抜け毛の原因としては、ホルモンの増減だけでなく産後の育児ストレスや無理なダイエットによることも考えられています。

産後の抜け毛対策には、バランスの良い食事と睡眠!

一度髪が抜けてしまうと2~3ヶ月後から髪が生え始めてきますが、この期間は髪が生えてきません。
産後の抜け毛には早めからの対策をしておきましょう。

対策としては栄養バランスの良い食事に心がけましょう。
産後の抜け毛対策だけでなく、妊娠中から産後にかけて、母乳育児を希望する人も栄養バランスは意識して食事を摂るようにしたいですね。

たんぱく質は胎児の成長にも大切な栄養素ですが、産後の抜け毛対策にも重要な栄養素です。
女性ホルモンと似た働きを持った豆腐や納豆などの大豆製品も、意識して摂取したいですね。
この他にも産後の抜け毛対策としてビタミンB、ミネラルが豊富な食材もおすすめです。

食事と同じく、しっかり休養を取ることも産後の抜け毛対策に大切です。
妊娠中はお腹が大きく寝苦しかったり、産後は赤ちゃんのお世話で夜にしっかり休めない日が続くかもしれません。
そんな時は、昼間に横になったり少し睡眠をとるようにしましょう。

産後の抜け毛対策には、適度なストレス発散も大切!

産後は赤ちゃんのお世話でなかなか外に出かける時間が取れなくなってしまいます。
そんな時は家族に協力をしてもらって、少し散歩をしたり外の空気を吸うだけでもリフレッシュできるでしょう。
栄養バランスの良い食事は大切ですが、たまには食べ過ぎない程度に甘いものや好きな物も食べても問題ないでしょう。

入浴剤などを使って、ゆっくりお風呂に入ることも良いですね。
短時間でも気分をリフレッシュする時間を作れるよう、家族にも協力してもらうと良いですね。

産後の抜け毛対策には、育毛剤を使ってみよう!

育毛剤を使うことには抵抗がある女性も多いかもしれません。
ですが、産後の抜け毛は一時的なものですし最近は女性の育毛剤も様々なものがあります。
妊娠中からケアして対策をしておくことで、産後の抜け毛を減らすことができるでしょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ