赤ちゃんの性別がわかるまでの過ごし方






妊娠をしたら、お腹の赤ちゃんの成長も気になりますが同時に赤ちゃんの性別も気になりますね。
性別がわかる時期になっても、赤ちゃんの向きや角度でなかなかはっきりしないともどかしい気持ちになります。
赤ちゃんの性別がわかるまでの過ごし方、準備などについて紹介します。

赤ちゃんの性別がわかるのはいつ頃?

赤ちゃんの性別は当然のことながら受精の段階で決まっています。
ですが、その性別をお腹の外から判別するためには一般的にはエコーで赤ちゃんを見ることしか手段はありません。
エコーで男女を判別するためには赤ちゃんのお股に外性器があるかどうかを見ればわかるのですが、お股を見て判別できるようになるのが妊娠10週頃からと言われています。

ですが赤ちゃんによっては判別が難しかったり赤ちゃんが小さすぎて見えにくく、実際に性別がわかるようになるのは16週頃からでしょう。
その時期を過ぎても、足の角度や体の向きによっては性別がわかるまで時間がかかることもあります。
特に女の子の場合は外性器がないのか見えないのか、という判断も難しいため性別がわかるまでに時間がかかるようです。

また、エコー技術は進歩していますがへその緒や指が外性器に見えてしまうこともあり、生まれた赤ちゃんは言われていた性別と違っていた!なんてことも少なくありませんね。

赤ちゃんの性別がわかるまで、赤ちゃんの用品の準備はどうする?

妊娠6か月頃までには性別がわかることが多いようですが、妊娠8か月以降性別がわかるという場合もあり、そうなると赤ちゃんの衣類の準備にも困りますね。
赤ちゃん用品は、布団やベビーカーなど男女関係ないものから揃えていくといいと思います。

性別わかるまでに衣類をそろえたい場合には、黄色を選ぶと男女どちらが着ても可愛いですね。
性別に合った可愛い衣類は、産後に揃えても遅くありませんので最低限のものだけ揃えておくといいでしょう。

赤ちゃんの性別がわかる言い伝え、ジンクス!?

お腹の赤ちゃんの性別が知りたい、男の子が欲しい、女の子が欲しい、という気持ちは昔から同じようです。
昔から、性別がわかる言い伝えやジンクスがありますので紹介します。

よく聞くのは、妊婦さんのお腹が前に突き出るように大きくなれば男の子、横に広がるのは女の子という話ですね。
それに加えて、赤ちゃんが男の子の場合はママの顔がきつくなる、という話もよく聞きますね。
妊娠中に肉類が食べたくなったら男の子、甘いものを好むようであれば女の子だというジンクスもあります。

明らかにこういった状況に当てはまる人は、信じてしまいそうですよね。
医学的根拠はありませんが、このような昔からの経験や占いなどにより言い伝えられてきた内容に耳を傾けてみても面白そうですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ