ルイボスティーが妊活・不妊症に良いって本当? 






妊活を始めようとしたとき、真っ先にやったのがカフェイン断ち。
コーヒー好きで1日5杯以上飲んでいたのです!

その日からきっぱりやめ、代わりに紅茶を飲むようにしました。
しかし紅茶にもカフェインがはいっていると知ってびっくりしました。

そして妊活に効果的なお茶で検索したら、ルイボスティーがヒットしました。
ルイボスティーは近所のスーパーに大量に売っていたのですぐに手に入れることができました。

ルイボスティーは妊活中安心して飲めるお茶!

カフェインはよく飲む飲み物にかなり多く含まれています。
緑茶、紅茶だけでなく、コーラなどにも入っているんです。

カフェインは眠気ざましにも使われる興奮剤の一種です。
母乳で搾乳中のママがカフェインを摂取すると赤ちゃんまで摂取してしまいます。

そうすると赤ちゃんがイライラしたり、情緒不安定になります。
夜泣きの原因にもなりです。

妊娠中にカフェインを多く摂ると、胎盤を通過して胎児もカフェインを摂取することになります。
胎児は未熟なため、カフェインを体外へ排出する力が弱く、身体の中にカフェインが溜まってしまうのです。

なので妊活中はカフェインは極力摂取しないことが望ましいのです。
その点、ルイボスティーはカフェインが含まれていません。

赤ちゃんや妊婦も安心して飲むことができます。
ルイボスティーは妊活中の女性におすすめのお茶ですね。

カフェインが含まれていないルイボスティーは体にやさしいお茶なのです。
一日に何度も飲むカフェインドリンクをノンカフェインのルイボスティーに代えるだけでいいのです。

ルイボスティーは妊活に効果的!

ルイボスティーのメリットはノンカフェインということだけではありません。
妊活女性におすすめの理由はルイボスティーに含まれる栄養素も関係してきます!

ルイボスティーはミネラルを豊富に含んでいるお茶なんです。
ミネラルは、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンなどで人間の生理作用に大きく関わっています。

ミネラルは人間の体内で合成することができません。
食事や飲み物から摂取しなくてはなりません。

ルイボスティーにはナトリウム、マグネシウムなどのミネラルが、バランス良く含まれています。
体の新陳代謝を促し、若々しい体を作ってくれます。

しかも強い歯と骨を作るのに毎日必要なカルシウムもルイボスティーには含まれています。
なのでルイボスティーは体内バランスを整えてくれるので良質な卵子を作ってくれるといわれています。

妊活の女性にルイボスティーが支持されるのはこういう理由なのです。

ルイボスティーはちょっと苦みがある味!

どんなに妊活に効果的なお茶でも味が気に入らなければ、続けることは難しですよね。
ルイボスティーを飲んでみて感じるのは薬草くささ。

ルイボスティーは初めて飲む人には苦みを感じるかもしれません。
でもアイスで夏に飲むと結構すっきりとしておいしかったです。

気分や体調に合わせてライムやレモン、砂糖などを加えると飲みやすいかもしれません。
牛乳をたっぷり注いだルイボスミルクティーやチャイでもいいでしょう。

ぜひルイボスティー試してみてください。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ