ジカ熱が怖い!妊活中、妊婦が気をつけること




ブラジルでジカ熱被害が話題になり、日本でも注意喚起のニュースが流れました。
ブラジルでは年に1度のカーニバルの時期でもあり、ジカ熱の被害が深刻になりました。

日本でもこぞってジカ熱のニュースを報道し、妊婦への被害が特に深刻だと伝えました。
妊婦がジカ熱に感染すると赤ちゃんに重大な障害だ出てしまうというのです。

ジカ熱とはどんな病気?

ジカ熱は蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症のことです。
ジカウイルスを媒介する蚊に刺されてから1週間程度でジカ熱の症状が出るといわれています。

でも妊婦でなければそこまでジカ熱を警戒する必要はありません。
ジカウィルスを媒介する蚊に刺されてもおおむね7割程度は発症しないで済みます。

ジカ熱は発熱、結膜充血、筋肉痛、関節痛、頭痛、斑点状丘疹という症状がでます。
日本でも話題になったデング熱に似ていますが、デング熱と比べるとジカ熱の症状は軽いといわれています。

ただ、ジカ熱の有効な治療方法はなく、現在有効な薬剤やワクチンはなく、対処としては安静にするのみです。
デング熱と比べると症状はそれほどひどくなく、4日から1週間で治るといわれています。

ジカ熱は妊婦にとってとても危険な病気!

ジカ熱にかかっても入院が必要になることはあまりありません。、
ジカ熱にかかって死ぬようなことはあまりありません。

でもジカ熱は妊婦がかかるととてもおそろしいことになります。
妊婦がジカ熱に感染すると赤ちゃんが小頭症になってしまうといわれています。

まだジカ熱と小頭症の因果関係ははっきりしていません。
しかしブラジルでは妊婦がジカウイルスに感染することで胎児が感染し、小頭症児が多発しているという報告があるのです。

妊婦にとってジカ熱はとても怖いリスクです。
ブラジルと日本は遠いとはいっても、旅行など人の行き来でジカ熱は日本にも上陸しています。

できればジカ熱は感染したくないものです。

妊活中、妊婦が気をつけることとは?

ジカ熱は蚊からの感染することがほとんどです。
なので蚊にさされない努力をすることが大切です。

今は携帯用の蚊取り線香もあります。
外出する際には長袖を着用するなど工夫することも大切です。

あとジカ熱が流行っている国や地域には近寄らないこと!
出産後はあまり旅行はいけないと思い、妊婦で海外旅行にいく人がたまにいます。

そういう場合にジカ熱感染の確率が高い地域は避けることが大切です。
せっかくの楽しい旅行が悲しい思い出になるのは避けたいですよね?



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ