3学年差の子育てメリット・デメリット


結婚して、次に考える家族計画は子供!
できれば一人より二人がいいとか考え方はいろいろ。

育児やお金を考えて子供を作ることはとっても大切です。
子供の年齢の差は一般的なのは2学年差か3学年差でしょう。

2学年差か3学年差するか迷いどころですよね。
ここでは3学年差の兄弟姉妹のメリットデメリットをご紹介したいと思います。

子供の3学年差のメリットとは?

子供は赤ちゃんのころといやいや期が一番手がかかります。
赤ちゃんの時期は短いとしても、ママとしては体が一つで大変です。

そう考えると3学年差の幼児期までの子育てはとってもママにとってはメリットが多いのです。
子供は3歳くらいになると、自分のことがいろいろとできるようになります。

2学年差だと上の子はトイレトレーニング中でまだ一人でトイレにいけない子も多いと思います。
そう考えると3学年差の兄弟姉妹は年子などと比べて楽だと思います。

下の子が赤ちゃんだと3時間おきにミルクやおむつでママはとっても忙しいのです。
しかも寝不足です。

上の子まで十分に手が回らないのも仕方がないのですが、少しでも楽なほうがいいですよね?
3学年差の最大のメリットは上の子がご飯やトイレ、着替えなどある程度は一人でできるということです。

まだまだママの手が必要な時期ではありますが、つきっきりにしなくても大丈夫です。
しかも下の子がある程度育つと、3学年差の場合子供同士で遊んでくれるのでママはとっても助かります。

下の子があまりにも赤ちゃんのうちは上の子が面倒見ようともしてくれます(笑)
まだまだ上の子も子供ですが、子供なりに頑張ってくれます。

3学年差より年が離れていると、子供同士で遊ぶのは無理がでてくることもあるでしょう。
このくらいの年の差がちょうど良いように思います。

ママも結構忙しいので、1日中子供と遊ぶというのは大変。
そこを上の子がカバーしてくれるというのはメリットですよね。

しかも3年差だと上の子は 自分が年上と認識してお兄ちゃん・お姉ちゃんらしい自覚を持ってくれます。
子供の心の成長にも3学年差はちょうどいいでしょう。

下の子は上の子のやっていることに背伸びして興味を持って、早めに歯磨きやスプーン食べなどもしてくれるかも。
食事ひとつとっても教えるのは大変。

なので3歳差はおすすめですよ!

3学年差のデメリットはどんなことがあるの?

妊娠中や幼児期など3学年差はとってもメリットだらけです。
でも、メリットだけではなく、デメリットも次第にでてきます。

子供たちが成長すると、卒業・入学の繁忙期が3年に一度やってきます。
教科書、制服の準備や入学金などお金が一度にかかるというデメリットがあります。

ただ親のスーツ代などは同じものを着回しできるので、メリットとも考えられますが・・・。
3学年差だと大学や高校受験が一斉に済むのもメリットかも?

ただ、忙しい時期がかぶり、お金もかぶるのは痛いでしょうね。
夫婦で手分けして協力しながら乗り切ることが重要です。

3学年差も一時期に出ていくお金も大きいので貯金もしておきましょう。
それがデメリットでしょうね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ