妊娠初期の腹痛が意味するものは何だろうか




妊婦と赤ちゃん

妊娠初期の時期は、0週〜15週目あたりを差しています。
その中でも、まだ妊娠中だと自覚のない頃に腹痛を訴える人もいるのです。

例えば、妊娠初期の子宮内の受精卵が無事に着床した頃、それによって腹痛を感じる場合があります。
これはあまり心配ないものですね。

妊娠初期の腹痛にもいろいろある

妊娠初期は、主に下腹部痛が多く、人によっては胃痛を感じる場合も含まれます。
また、その痛みの強さというのは、生理痛に似たものであることが多いのではないでしょうか。

そのため、妊娠に気がついてない時には、妊娠初期の腹痛だと自覚しないまま過ごす人も少なくありません。
でも、心配ない腹痛であれば良いのですが、中には心配な腹痛もあるので、注意したいものですね。
心配なものとしては、子宮外妊娠の可能性や切迫流産の恐れが挙げられます。

妊娠初期で心配な腹痛とは

子宮外妊娠であれば、子宮内にあるはずの胎嚢が確認できません。
これは、妊娠初期のうち4〜5週目の頃には超音波検査で調べることができますから、腹痛の不安があるならば産婦人科で診てもらうと良いでしょう。

また、切迫流産については、腹痛に加えて出血やおなかの張り具合といったものも判断材料になります。
産婦人科へ行き、必要によっては、妊娠初期であっても安静にして過ごすことが大切です。

妊娠初期の腹痛は、子宮内で何か変化が生じている可能性を示唆しています。
無事に着床したからという理由等であれば心配ない腹痛ですが、中には妊娠の継続を危うくする心配な腹痛もあります。
ですから、まずは胎児や母体である女性本人のことを第一に考え、産婦人科で専門的な診察・診断をしてもらいましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ