共働きの妊娠中・育休中の家事分担〜私はこれで失敗した〜






妊婦さんの中には、妊娠しても時短や退職せずに、そのままフルタイムで仕事を続ける共働きを選ぶ方も少なくないと思います。

私も妊娠が発覚してから、共働きを選択し、仕事を続けていました。
妊娠してから家庭でもめたのは、家事分担の割合と方法について。

今回、私の失敗談を含めて妊娠中・育休中の家事分担についてふりかえってみたいと思います。

妊娠したら、家事できないことが増える

まず、多くの方が経験するのが妊娠したらつわりで家事ができなくなること。
つわりの程度に個人差はありますが、私は「吐くまではいかないが、気持ち悪い状態がずっと続く」つわりでした。

仕事をしている間はなんとか気を紛らわせて過ごしていたのですが、家に帰ってくるとどっと疲れ&つわりの気持ち悪さがおそってきて、なかなか食事をつくることができませんでした。

かといって、夫が率先して料理をしてくれることは全くなかったので、いやいやながらも料理を作る毎日でした。

この間に、夫に対する「もっと家事してくれたらいいのに!」という不満が募っていきました。

仕事中に出血→流産し、仕事を減らすことに

ずっとフルタイムで働いていましたが、無理がたたったのか仕事中に出血。
悲しいことに、そのまま出血は続き、病院にいくと完全流産と診断されました。

初期でしたので、稽留流産であり、そうは手術はしなくてもいいことに(きれいに流れていたので)
それからしばらくは泣いて暮らしました。

その後、少しずつ気持ちは回復していきましたが、仕事の量をやはり減らしたほうがいいのではということになり、フルタイムから時短&週3勤務のパートへと変更しました。

再び妊娠 パートを続ける

その数ヶ月後、再び妊娠しましたが、今度は流産したくない一心で仕事の量を減らし、パートタイムで勤務を続けました。
幸い職場の理解があったので、パートに変更することができました。

しかし、ここに私は大きな失敗をおかします。

パートタイムになったからと、自分にも負い目があったので、家事分担を多めにするようになったのです。

フルタイムのときは、夫も週末にはクイックルワイパーで掃除をする役目がありました。
しかし、私がパートになり家事をする時間が増えたことで、夫が全く家事に参加しなくなっていったのです。

出産後、家事分担は100%妻に

帝王切開で無事出産後、1ヶ月ほどは里帰りしていました。
傷の痛みが和らいで動けるようになると、自宅に戻り家事育児を始めました。

3時間おきの授乳と夜泣きがあったので、今までベッドに寝ていた私は和室にうつり、赤ちゃんと二人で布団で寝る生活。夫はベッドで一人すやすやと寝る生活です。

昼間の家事はもちろん私。

夜夫が帰宅しても、「疲れたー」といって夫はほとんど何もしません。
「働いているのだから、家事しなくて当たり前だろう」という気持ちがあったのだと思います。

こちらは一日中なく赤ちゃんのお世話にてんやわんや。

次第にストレスがマックスに達し、爆発。

産後クライシスの勃発です(苦笑)

子供が1歳半でパートに復帰

そこで私は仕事に復帰することにしました。
このまま専業主婦(育休はありません)でいても、夫の意識が変わることはない。

夫も、私にずっと「早く復帰して稼いで欲しい」といってきていました。
「専業主婦はお荷物」と考える夫でした。

しかし、いったんパートになったので、激戦区のため認可保育園は絶対に無理です。
そこで、マイナスになる覚悟で認可外の保育園に申し込みました。

それから本格的に仕事に復帰し、パートタイムの出勤日を徐々に増やし、フルタイムに近いところまでもっていきました。

その間も、まだまだ夫の家事育児分担は低く、私の怒りはおさまりませんでした。

家事分担で夫に示したこと

私が働いて家事育児をしているのに、夫は仕事しかしない。
妻は家事・育児・仕事に加え、義理実家から嫁扱いされている。
家計だって折半している。なんて不平等なんだ!!!
世の中の夫はズルい!
こんな怒りがずっとありました。

このままでは夫は本当にダメ夫になってしまう!

そこで、ネットで見つけたある表をもとに、家事分担表を作ってみました。

細かい家事のタスクを書き出し、タテ軸に「毎日する家事」「頻繁ではない家事」、横軸に「夫」「妻」とし、タスクを書き込んでいきます。

すると一目瞭然でどちらが家事を多くしているかがわかります。
もちろん、私のほうが99%家事をしていました。

これを作って夫に「どや!」と見せると、夫は「ふ〜ん」というだけ。。
冷蔵庫に貼っておき、何日かすると、今まではしなかったクイックルワイパーでの掃除を1回しました。

それから数ヶ月、何度も私の怒りは爆発しましたが、土のようにシーンとしている夫の行動にすぐに大きな変化はなし。

とはいっても、カメの速度で少しずつ、少しずつ夫の家事分担割合が増えてきています。

そうなった理由は、私が「もうこれをしないといけない」と考えることはやめる!
「しなくてよい家事はしない!」
「私がしないといけない家事はない!」
と決めたことです。

私自身が、毎日「○○しないといけない」と思っていた(決めていた)ことをなくすことで、心のつっかえがとれ、すると本当に少しずつですが夫の行動に変化がでてきました。

今は、私は本当に家事を手抜きしています。

食器は絶対に下げない(夫にさせる)
料理は献立キットを使う
洗濯は、毎日乾燥機を使う
夫の洗濯物は絶対にたたまない、片付けない(ポイと定位置におくだけ)

それでも、毎日掃除機はかけてますし、トイレ掃除も私がしていますが。

でも、妊娠・出産・仕事復帰して2年。始めにくらべれば随分とましになりました。

これから出産するママたちに伝えたいこと

こんな私の失敗談をふまえて、これから出産するママたちに伝えたいことがあります。

それは、

・できるだけ、仕事はやめないこと。(夫と対等な立場になるために)

・無理せず、家事は思い切り手抜きすること(やらなくても死なない!)

・ルンバや食洗機など、文明の利器を使いこなすこと

・ネット宅配&献立キットを利用すること(子連れスーパーはストレスMax)

・家計を折半もしくは、必ず分担すること

 (妻の給与は全額貯金、なんてことはしないほうがよい)

・妊娠を大義名分に、夫の家事負担を増やすこと。そしてそのまま出産しても夫の家事分担を継続すること。
(いったん家事分担を減らすと、夫はサボり癖がつきます!)

です。

子供のために専業主婦を選ぶ方も多いかと思いますが、私の意見は「できるだけ早いうち(1歳以内、半年くらい)に仕事復帰したほうがよい」です。保育園にいれても、子供がダメな子になるなんてことはありません!

以上、私の失敗含めた経験談でした。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ