妊娠初期の流産はどのようなものなのか


妊娠初期に流産を経験する女性は、決して少ないとは言えません。
流産だと気づくことなく、いつもの月経だろうと認識してしまう人もいるのです。

妊娠初期とは妊娠週数に換算して15週目くらいまでを指すじきであるために、妊娠していたという自覚がない場合も多く、そのため、流産にも気づきにくいのです。

稽留流産とは

その例としては、 稽留流産が挙げられるでしょう。

これは、胎児が成長することなく子宮内で既に死亡している状態ですが、妊娠初期の女性が異変を自覚するのは難しいタイプになります。
だいたい7〜8週目の時期にあたります。

このような時期から12週目くらいまでの妊娠初期で流産する場合は稽留流産を含めて、胎児側に原因があることが多いですね。
胎児に染色体異常等があり、成長することが難しいからです。

切迫流産とは

尚、切迫流産といって、胎児がまだ無事に成長している中で流産の兆しを見せている場合もあります。
このタイプでは、妊娠初期でも出血や下腹部痛といった異変を女性が自覚しやすく、体に無理をかけずに安静第一で過ごす必要がありますね。

産婦人科にかかって適切な指導・処置も受け、危うい状態ながらも妊娠を継続することも可能なのです。
妊娠初期の時期で不安がつきまといますが、切迫流産と診断されたら生活習慣を見直して安静を心がけましょう。

妊娠初期の流産は自覚の有無に関係なく、妊娠した女性の15〜20%というかなりの割合で経験していると言われます。
無事に妊娠を継続して出産に至るのは、実は、とても幸運なことなのかもしれません。

だからこそ、胎児を育む母体となる女性はもちろん、周囲の家族も含めて、日頃から食生活や生活スタイルに気をつけて健康に留意したいものです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ