学資保険に妊娠中入るべき?おすすめの保険は?


妊娠中にいろいろ出産準備をしなければいけません。
わすれがちなのが学資保険です。

まだ生まれていないのに妊娠中に学資保険に入っておくのはおかしいと思うかもしれません。
でも妊娠中に学資保険に入っておくのはいろいろメリットもあるんです。

妊娠中に学資保険に加入するとお得!

あたたが保険に加入するときなにを重視しますか?
もちろん人それぞれだと思います。

保険料、補償内容、返戻率・・・。
学資保険の保険料は特にお金がからむので重要です。

学資保険の保険料は契約者と被保険者の年齢が大きく作用します。
若い方が安くなります。

なので少しでも若いうちに加入したほうが学資保険の保険料が安く済みます。
妊娠中に学資保険に入ったほうがいいメリットには年齢があげられます。

もし学資保険に加入すると決めているなら加入時期は早ければ早いに越したことはありません。
あとは年度の切り替わりでも保険料が改定されるので注意が必要です。

学資保険は妊娠中でも加入することができます。
出産前に加入するなんて早すぎると思うかもしれません。

でも産後は育児でなかなか外出もままなりません。
妊娠中であっても安定期は意外に時間をつくりやすいので安定期に学資保険を探しやすいと思います。

産後すぐのバタバタ状態よりも余裕があるといわれています。
契約した時点で保障が始まるため、出産前に契約者が死亡または所定の状態になった場合でも給付が受けられます。

しかもそれ以降の保険料は免除され、プランどおりの保険金を受け取ることができます。
妊娠中に学資保険に加入を検討している人は早めの決断をしたほうがお得ですよ。

学資保険はいろいろ種類がある!

学資保険はいろいろな保険会社で商品を出しています。
基本部分は一緒ですが、少しずつ内容が違いのできちんと自分の希望にあった学資保険を選びましょう。

私的にはソニー損保とアフラックは学資保険がおすすめです。
ソニー損保は月額の保険料が安く返戻率112%あたりで補償内容もある程度カバーしています。

アフラックも同様に保険料が安く返戻率111%あたりです。
返戻率でいうならかんぽの学資保険ですが、保険料が高いのが難点です。

日本生命の学資保険も有名ですね。
学資保険の相談に一度保険会社の支社を訪問してみるものいいでしょう。

もしかしたら契約をさせようと営業がひどくて嫌になるかもしれません。
一度保険内容を聞きにいくといいかもしれませんね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ