40代初産妊婦が気をつけるべきことまとめ


最近では、出産年齢も高齢化して40代で初産という妊婦さんも増えてきました。
私も身近にも40代初産だった方が何人もいます。
日本では高齢出産といえば35歳以上の方を指しますが40代での初産の方って意外にも増えています。
女性が社会に出て働きそれなりの地位を築き始めたことから40代での初産の方が増えている要因なのかもしれません。

40代初産の妊婦さんには気をつけるべきことはあるのでしょうか?

40代初産で妊婦さんが気をつけるべきこと

40代初産の妊婦さんにはもちろんのことメリットもデメリットもあります。
年齢が上がるにつれ経済的にも裕福になることから子育てしやすいというメリットもあることはもちろん子宮ガンの発症率の低下や生活リズムが整うなどいいこともあります。
40代初産だからといって悪いことばかりではありません。

では、40代初産の妊婦さんが気をつけるべきことはなんなのでしょうか。

1.妊娠中毒症

正確には、妊娠高血圧症候群といいます。
尿タンパクや血圧の上昇・むくみなどが主な症状になります。
40代初産ともなれば高齢化が始まっています。

年齢が上がることによって卵巣機能が低下や血管が老化してしまいます。
それにより血管内皮細胞が傷ついてしまうことから発症のリスクが高まってしまいます。
妊娠高血圧症候群は、重大な合併症や重症化などを引き起こす可能性もあります。
十分な注意が必要といえる病気の一つです。

赤ちゃんが大きくなるにつれて発症するリスクが高まります。
多くの妊婦さんが妊娠後期に発症しています。
発症しないためにも普段からの食生活には十分気をつけるようにしましょう。

2.流産の可能性が高くなる

すべての妊娠において流産は10人に1人の確立で起こりえます。
それが年齢が上がるにつき流産の可能性が高くなります。

30代では20%前後だったのが40代になると40%と高くなる傾向にあります。
卵子の老化が原因とされていて、卵子の老化に伴う先天性の異常も原因になります。
流産は悲しいことですが40代で初産を迎えるに当たり妊婦さんが心しておかなければならないものの一つといえるでしょう。

3.先天性異常の発症率があがる

加齢により先天性異常の可能性が高くなります。
20代では1%前後の確率が40代では2.4%と高くなります。
多く見られるのがダウン症などの染色体異常です。

40代初産での妊娠を希望する際は、そのリスクがあることも踏まえなければなりません。
最近では出生前検査を受けることもできます。
でも、もしものことがあった場合どうすればいいのかよく家族と相談し、意思を決めておかなければなりません。
出生前診断については医師ともよく相談して決めましょう。

4.常位胎盤早期剥離の可能性

常位胎盤早期剥離とは、赤ちゃんとお母さんをつないでいる胎盤が剥がれてしまう症状のことを言います。
発症頻度はそれほど高いものではありませんが、強い衝撃や妊娠高血圧症候群などを原因として起こりえる可能性があります。

40代初産だからといって起こるものではありませんが、妊娠区血圧症候群は高齢になれば発症のリスクも高まりますから十分に気をつけるべき疾患のひとつといえます。
常位胎盤早期剥離を起こすと、母子共に命の危険のリスクが高まります。

5.難産の可能性

40代初産での妊婦さんの場合、産道や子宮口の柔軟性が悪くなることもあり難産の可能性も出てきます。
40代初産の場合、帝王切開になる可能性もあるということを視野に入れて妊娠・出産に臨むことも重要です。

6.切迫流産のリスクを低くする

40代初産での妊婦さんの場合に限らず高齢の妊婦さんの場合切迫流産の可能性も高まります。
通常の流産は妊娠の初期に起こりどうすることもできない場合も多く自然流産といわれています。
切迫流産の場合薬や安静などの処置で妊娠を継続することも可能です。

主な原因としては、お母さんの疲れやストレスなどの他に絨毛膜羊膜炎や子宮頚管無力症などがあげられます。
日ごろから疲れやストレスはためないようにして切迫流産を防ぐ努力もしましょう。
もし出血などの少しの異常でもあれば医師にすぐに確認することをおすすめします。
医師の診断を仰ぎ適切な処置を受けるようにしましょう。

7.切迫早産のリスクを低くする

早産は22週から37週に出産してしまうことを言います。切迫早産はこの時期に出産の兆候が見られることを言います。

原因は切迫流産と一緒といわれています。
40代初産だからといって起こるものではありませんがそのリスクが高いということで注意が必要です。
おりものの異常や出血などの兆候があった場合迷わず医師の診断を仰ぎましょう。
切迫早産は安静にすることによって妊娠を継続できる可能性もあります。
お腹の中の赤ちゃんが大きく育つまで十分に注意しましょう。

まとめ

妊娠時の異常は例え40代初産の妊婦さん以外にも起こり得るものです。
40代初産だからといって妊娠を怖がらず楽しいマタニティライフを送るように心がけましょう。
ママの安心がお腹の中の赤ちゃんの安心へと繋がります。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ