妊娠初期の頭痛にうまく対処するためには?




images

妊娠初期は、妊娠した女性の体内が新たな命を育むために変化していく時期です。
そのため体調に異変が出やすく、頭痛の症状も一例として挙げられます。

生活する上で不快ですが、胎盤が作られる妊娠初期の大切な頃でもあり、今までよりも更にうまく対処して頭痛を乗り切りたいですね。

妊娠初期の偏頭痛と鎮痛薬

妊娠初期の頭痛の中には、偏頭痛も含まれます。
肩こりや首のこりと違って、このタイプの頭痛はなかなか通常の鎮痛薬が効きにくいので困りますね。
しかも、妊娠初期であり、自己判断で勝手に鎮痛薬を飲むのは控えたいところです。
ですから、痛む部分を冷やしながら横になって体を休めてみましょう。

頭痛で寒気が生じる場合は服や掛け布団で調節すると良いですね。
尚、治まらない時には、検診で通っている産婦人科に行ってみることです。
妊娠の経過がわかっている産婦人科医のもとで、妊娠中でも服用できる鎮痛薬を処方してもらえます。

妊娠初期の貧血による頭痛

また、妊娠中は鉄分不足による貧血になりがちです。
実は、貧血状態にあると頭痛が起きやすいため、妊娠初期の頭痛が気になる場合は、貧血検査をしてもらうのも良いですね。
内科でも検査はできますが、かかりつけの産婦人科で検査を受けると二度手間にならないかもしれません。
必要ならば鉄剤を処方してもらい、妊娠初期の心配な体調の改善に努めましょう。
貧血状態が解消されたら、頭痛も治まるかもしれません。

妊娠初期における頭痛等の体調不良は、妊娠に気づいてなければ、いつものことだと気軽に考えがちです。
特に、頭痛はよく生じやすい不調のため、 普段と同じように市販薬や処方薬を服用してしまうこともありますね。

そんな場合は、一人で悩んだり落ち込んだりせず、まずは産婦人科等の医師に妊娠中であることを伝えて相談しましょう。
体調の変化に戸惑いがちな妊娠初期ですが、うまく乗り切りたいものです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ