和痛分娩と無痛分娩の違いと費用

 【妊娠線クリーム】NOCOR




出産のスタイルは日々進化し、ますますバリエーションが広がっています。
現在は、より満足のいくお産のために、どんな風に産みたいのかを考えて選べる、恵まれた時代になりました。
その中でもよく耳にする、和痛分娩と無痛分娩ですが、2つの違いや費用について、詳しく解説していきます。

和痛分娩と無痛分娩の違いって?

実際のところ、医学的には、和痛分娩と無痛分娩の正確な違いはありません。
両方とも、陣痛や出産時の痛みを和らげる目的で設けられた分娩方法です。

痛みの程度によって、和痛分娩と無痛分娩を使い分ける医療機関もありますが、明確な取り決めも無いのが現状です。
なので、和痛分娩や無痛分娩に興味がある方は、医師に詳しい内容を聞くのが一番です。

和痛分娩や無痛分娩は、痛みに弱い方や分娩時の痛みなどでパニックに陥りやすい方に向いています。
ママ自ら希望することもできますが、心臓病や高血圧、糖尿病などの持病がある方は、心身の負担を減らすために、医師からこれらの分娩方法を薦められる場合もあります。

和痛分娩と無痛分娩は、麻酔薬を投与して、陣痛の痛みを和らげ、出産するスタイルです。
痛みを軽減することで、体に余計な力が入らず、赤ちゃんの進む産道も柔らかくなるので、出産がスムーズに行えます。

麻酔は、陣痛が始まる前に行う時と、分娩がある程度進行してから行う場合があります。
この麻酔は、硬膜外麻酔といって、局部に麻酔を打つ方法が主流です。
全身麻酔ではないため、意識ははっきりしていて、赤ちゃんの産声も聞こえます。

和痛分娩と無痛分娩の一般的な流れ

1)皮膚にわずかな量の麻酔をし、硬膜外に1mm程のカテーテルを挿入。

2)カテーテルに、鎮痛薬や麻酔薬を少し注入し、異常がないかをテストします。

3)陣痛の間隔が短くなり、強さが増してきたら、分娩を監視する装置でチェックしながら、薬の注入量を微調整します。

4)麻酔薬や鎮痛薬を注入して、本格的に麻酔がスタート。

5)子宮口が全開し、分娩台に乗ったら、医師や助産師の指示に添っていきみます。

6)無事に赤ちゃんが生まれたら、自然分娩と同様に胎盤を出して、必要な処置を受けます。

和痛分娩や無痛分娩にかかる費用

費用の目安としては、自然分娩の料金に1万円〜20万円程プラスされることが多いです。
医療機関によって、上乗せされる額は異なるため、ご自身で問合わせてみてください。

また、和痛分娩と無痛分娩の費用は、健康保険の適用外なため、自己負担です。
ただし、和痛分娩や無痛分娩から吸引や鉗子分娩、帝王切開になると、保険が適用され、高額医療費の申請が可能なケースもあります。
加入している医療保険によっては、給付金の対象となる場合があるので、今一度契約内容を確認しましょう。

和痛分娩や無痛分娩の注意点

帝王切開をされた方や赤ちゃんが逆子の状況では、和痛分娩や無痛分娩を行えません。
和痛分娩と無痛分娩の安全性は高く、問題もほとんど起こりませんが、ママの血圧低下や微弱陣痛になれば、陣痛促進剤の使用や吸引分娩、鉗子分娩が用いられるケースもあります。

医療機関によっては、和痛分娩や無痛分娩を行っていない所があり、もし出来たとしても、出産の日時が指定されるなど、条件が厳しい産院もあるため、注意が必要です。
それぞれの施設において、実現可能かをリサーチし、医師と相談しながら出産方法を決めることが大切です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ