胎児ドッグとNIPT どちらを受ける?メリットデメリット


最近では珍しくなくなってきた胎児ドックや出生前診断。
皆さんはどう考えていますか?
よりリスクの少ない新型出生前診断(NIPT)も受けられるようになりました。
胎児ドックと新型出生前診断(NIPT)どちらを受けるのが最適なのでしょうか。

今回は胎児ドックとNIPTの違いとそのメリット・デメリットについて調べていこうと思います。

胎児ドックとは?

胎児ドックとは、「胎児スクリーニング検査」と病院では呼ばれることの多い検査のことです。
胎児ドックは大きく2つに分けられて初期に行われる初期胎児ドックと中期胎児ドックに分けられます。

初期ドックは、超音波検査・鼻骨や静脈管血流・三尖弁血流などを計測して染色体異常を検査します。
臍帯ヘルニアや胸水・腹水なども調べることができます。
そこから分かることはダウン症候群・18トリソミーや13トリソミーです。
妊娠11週から13週ぐらいの時期に受けることができます。
費用は2から5万円程度になります。病院により異なってきます。

初期胎児ドックで染色体に異常が見つかった場合、絨毛検査や羊水検査に進みます。
絨毛検査や羊水検査で確定診断をする病院が多いようです。

中期胎児ドックでは、主に胎児の形態的な異常を見る検査になります。
検査内容としては、カウンセリングと超音波検査などが行われます。
分かる症状としては、先天性の心疾患や中枢神経の異常などの形態的な異常になります。
母体の胎盤や臍帯・子宮頸管の異常の有無なども調べられます。
妊娠18週から25週ぐらいの時期に受けることができます。
費用は2から5万円程度になります。病院により異なってきます。

胎児ドックを受けることによってのメリットとしては、出生前に異常が分かることで適切な処置を取ることができることなどがあげられます。
デメリットとしては、100パーセント確実ではないと言うことです。

新型出生前診断(NIPT)とは?

NIPTと呼ばれるこの検査は他の出生前診断に比べるとリスクが低いと言われています。
NIPTは、妊婦さんから20ccほどの血液を採取し、血液の中のDNA断片を解析して、胎児に染色体異常がないかどうかを診断します。
13トリソミー・18トリソミー・21トリソミーの可能性を見つけることのできる検査です。
この検査で陽性が出た場合羊水検査へ進み確定診断をする病院が多いです。
検査時期としては妊娠10週から18週ぐらいに行われて検査結果が出るまでに約2週間前後かかります。
費用としては全額実費になるため20万円前後かかる検査になります。

受けられる妊婦さんは産婦人科学会の指針として決まっていて出産前に35歳以上になる妊婦さんや
21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーのいずれかの赤ちゃんを妊娠・出産したことがある妊婦さんで主治医に検査を進められた妊婦さんになります。

NIPTのメリットとしては、陰性の結果が出た場合染色体異常の可能性が99.9パーセントないということ。
デメリットとしては、費用が高額であるということ100パーセント確実ではないと言うことです。

検査を受けるに当たって

検査を受けるに当たって、胎児ドックにもNIPTもよく考えて受けることが必要です。
もしお腹の中の赤ちゃんに何かあった場合そのときどうするのか?とても重要な問題です。
最近ではこういった検査を受ける妊婦さんも増えてきています。
倫理的にどうかと言う問題も起こっています。

私の2番目の子は先天性の心臓病を持って生まれてきました。
病気のことは妊娠中の定期検診で分かっており、生まれてからそれに対してどう対応すればいいのか分かって生まれてきました。
検査を受けることはこういった場合とても役に立つことだと私自身は経験上思います。
知らないで生まれてきていたら生まれたあと大変なことになっていたでしょうから。
幸いにも生まれてからの処置も早くでき、手術も成功し今は普通の子と変わらない生活を送っています。

検査を受けるかどうかは妊婦さん本人の意思と家族との話し合いが重要になってきます。
もし何かあったら・・・心配になりますよね。
その時は主治医・家族とよく相談して検査を受けるかどうかを決めてください。
お腹の中の赤ちゃんの将来にも係わる重要なことにもなりかねないので安易な気持ちでは受けないでくださいね。

まとめ

今回は胎児ドックと新型出生前診断(NIPT)について調べてみました。
参考になりましたでしょうか?

胎児ドックもNIPTもお腹の赤ちゃんの将来を左右するかもしれない検査です。
受ける際には重々考えた上で家族ともよく相談してから受けるようにしてくださいね。

何よりもママの笑顔がお腹の赤ちゃんには一番の元気の元になります。
あまり心配しすぎず楽しいマタニティライフを送ってください。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ