妊娠初期の出血に慌てず、まず確認したいこと

 【妊娠線クリーム】NOCOR




images-1

妊娠初期に起こる出血は、胎盤が形作られる時期の着床出血であることが考えられます。
絨毛が子宮内膜に根付くための影響ですが、これは想定されるもので過度の心配はいりません。

もちろん、胎盤の位置が通常と違ったり、子宮内膜や粘膜に炎症があったり等の気をつけたい理由によることもあります。
そんな場合ならば、産婦人科へ行くことが重要になりますね。

出血という異変がどのようなものかをきちんと把握して、妊娠初期に余計な不安を抱えず、必要があれば、早期に治療を受けましょう。

出血の量はどれくらいか

このような状況の違いを判断するためにも、まず、血の量を確認しましょう。
おりものに混ざったようなごく少量なのか、生理用ナプキンをして月経中のように取り替える必要があるほどの量なのかを見極めます。

妊娠初期の出血でパニック状態になる人もいるかもしれませんが、
ひとまずは落ち着いて、血の量から緊急性の高低を判断することです。

おりものに混ざった少量程度ならば、しばらく様子を見て、産婦人科の診療時間内に足を運ぶこともできます。
でも、妊娠初期にもかかわらず月経中のようにナプキンの取り替えを要する出血ならば、診療時間外でも至急連絡して診察を受けることが大切です。

出血した血の色はどうか

また、血の色も確認しましょう。
ごく少量の茶褐色や薄い色なのか、いわゆる鮮血状態なのか、この違いが大きいのです。

妊娠初期の段階で鮮やかな赤い出血の場合は、産婦人科にかかると良いですね。
特に、血の量と合わせて考えると、切迫流産や子宮外妊娠の心配も出てきます。
妊娠初期だからこそ、早めに専門医の判断をあおいで適切な対処をすることが大切になります。

妊娠初期の出血は、たいていの場合は妊娠の過程における自然なものです。
しかし、時には妊娠の継続を危うくする可能性を持つものもありますから、注意が必要ですね。
そのためにも、妊娠初期の出血では、量や色を慌てずに把握して、次の適切な行動に移りましょう。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ