妊娠中になる陰部静脈瘤の原因と治療法


妊娠中は思いもよらないトラブルが起こったりします。
それまでは全くの健康だったのに、足がむくんだり、体の一部が腫れてきたりしてびっくりすることも。

その一つが陰部静脈瘤です。
聞きなれない症状かもしれませんが、結構妊娠中に足にみみずばれのような腫れができたとか陰部が腫れたとか経験することもあるんです。

陰部静脈瘤ってどんな病気?

陰部静脈瘤は静脈内の血液がたまり、こぶのようにふくらんでしまってできるものです。
妊娠中は腹部の大静脈が大きくなった子宮に圧迫されて、下半身の血液が大静脈に戻りにくくなります。

そのうえホルモンの影響で血液壁もゆるんでくるので、陰部静脈瘤ができることがあります。
脈瘤とは、静脈にある逆流を防ぐ弁が、正しく閉じなくなることで血液が滞り、溜まってコブのようになってしまう病気です。

足にできるものを下肢静脈瘤、陰部やその付近にできるものを陰部静脈瘤といいます。
女性に多くみられ、遺伝性もあるようです。

立ち仕事や肥満や便秘を契機に引き起こされることもありますが妊娠中になる女性が多いと思います。
良性なので急激に悪化する心配はありません。

ふだんは静脈瘤ができない人でも妊娠中には陰部静脈瘤に悩まされる人も多いようです。
妊娠中は、体を流れる血液の総量が増えています。

さらに、卵胞ホルモンと黄体ホルモンいう女性ホルモンの分泌が多くなります。
卵胞ホルモンは血液の増加に合わせて血管を拡張したり、出産時の出血を止めるため血管を固くする働きをします。

一方、黄体ホルモンは妊娠に合わせて子宮の筋肉をゆるめたり、大きくなっていくお腹に合わせて体が対応できるようにしてくれる働きをします。
この時に静脈の血管壁や、腸の筋肉の収縮も一緒に低下させてしまうため、静脈の働きが弱くなってしまうことがあります。

陰部静脈瘤ができてしまったらどうしたらいい?

陰部静脈瘤は見た目もひどいし、ちくちくする自覚症状がある場合もあるので妊娠中は心配になりますよね。
静脈瘤はもちろんレーザー手術など治療法があります。

でも妊娠中に陰部静脈瘤の治療なんてしていいのって不安になりますよね。
安心してください。

しかし妊娠中の静脈瘤の多くは産後に自然に治ることが多いのです。
1か月検診あたりには気にならなくなるケースがほとんどのようです。

このため多くの場合、特別な治療はせず、悪化させないためのセルフケアや圧迫療法で過ごすのが一般的です。
つまり増大した子宮に腹部の静脈が圧迫される事で悪化している状況ですから、妊娠の週数が進めば進むほど悪化することも多いです。

なので少しでも妊娠中の負担を軽くするために陰部静脈瘤を悪化させない努力をしましょう。
塩分を控えめにするとか適度な運動など血流を促す工夫を取り入れるといいですね。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ