運転免許は妊娠中にとる?産後にすべき? 






社会に出るとなかなか運転免許をとる時間がありませんよね。
学生時代に運転免許をとっておけばよかったと後悔している人も多いでしょう。

妊娠がわかって育休期間にはいると意外と時間ができるものです。
そうすると妊娠中運転免許をとってみようかと思ってしまうますよね。

でも妊娠中になのに・・・と迷う気持ちもわかります。

妊娠中に運転免許を取得することは可能?

産後を考えると車があったほうが便利と思い、妊娠中に運転免許をとりたい妊婦さんも多いでしょう。
赤ちゃんとの外出はなにかと大変。

車は必須です。
運転免許取得は妊娠中でも可能ですが、注意が必要なのは妊娠中のスクーリングを禁止している教習所もあります。

なぜなら妊娠中の教習は思った以上に体に負担がかかるからです。
教習が進むと実際に道路に出て運転する路上教習が始まります。

路上に出ると、教習車であっても一般の車両と同じなので当然交通事故のリスクが高まります。
自分が気をつけていても、追突されて怪我をする場合もあります。

その上、お腹が大きくなるとシートベルトを着用するのも苦しくなり、お腹を締め付けるので気分が悪くなる場合もあります。
それでなくても妊娠中の運転は控えるべきです。

流産や早産のリスクもあります。
妊娠中に体調が急変するなどリスクが大きいものです。

お腹が大きくなるとシートベルトも装着が難しくなるし、そこで事故ったら大変です。
どんなリスクがあるかを把握しながら、免許取得できそうなのか考えてみましょう。

そういうリスクをはらんでいるので妊娠中は無事に運転免許取得まで通えるという保証はありません。
後悔のない選択をしましょう。

妊娠中と産後どちらが運転免許を取得するのに最適?

時間的余裕でいえば間違いなく妊娠中が運転免許に適しています。
まだ赤ちゃんもいないので育児に時間を追われる必要もありません。

でも大切な赤ちゃんがお腹にいるので、無理は禁物です。
できれば、産後まで運転免許の取得は待ちましょう。

出産直後さすがに無理ですが、しばらくするとママの体力も回復するし、育児にも少しずつ慣れてきます。
最近では託児所つきの教習所も多く子連れで通うこともできます。

出産後に教習所に入校したほうが安心して教習に打ち込むことができます。
赤ちゃんが小さいうちは、病院や市の検診など外出する機会も少ないので出費になります。

タクシーなどの交通手段もあるんですから、多少出費と手間はかかるにしても車がなくても産後乗り切れます。
むしろ妊娠中に無理して何かあったら大変です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ