妊娠線の前兆はヒリヒリ感から始まる?

 【妊娠線クリーム】NOCOR




妊娠するといろいろ変化がでてきます。
その一つがお腹が大きくせせり出すことです。

幸せの象徴でもある妊婦の特徴ですが、結構本人は大変です。
しかも臨月が近づくにつれてどんどんお腹は大きくなり、妊娠線ができてしまうこともあります。

自分でも大きくなるお腹は防ぎようがないので、妊娠線にクリームを塗るぐらいしか手立てがありません。
でも実は妊娠線を防ぐのに前兆をしっかり把握して、妊娠線対策を行えばある程度は防げるって知っていました?

妊娠線ができる前兆とは?

まず妊娠線予防のためには前兆をしっかり気づくことです。
妊娠線ができるかどうかは個人差もあるので、前兆があったら危険信号です。

妊娠線は子宮が大きくなり、さらにはお腹がふくらみ、お腹の皮膚は横に引っ張られることでできるものです。
お腹の皮が限界までつっぱり、今にも破裂しそうな感覚ですよね。

私の場合にはなぜかお腹が張りだしたことから、へその下付近がかゆくなりました。
引っ張られてむずがゆいのとと乾燥してかゆかったです。

2回妊娠を経験しましたが、妊娠線ができる前兆は必ずお腹のかゆみがありました。
もちろん、お腹が大きくなって突っ張られる感じも前兆です。

お腹が大きくせり出して限界が来れば、自分の体なのでなんとなくやばい(笑)って思います。
そこにかゆみやツッパリ感があれば、妊娠線の前兆を思って妊娠線対策を始めたほうがいいでしょう。

妊娠線ができる原因はお腹が大きくなったからだけではない!

妊娠線ができる原因は急激な体型変化です。
妊娠中期から妊娠後期にかけて、赤ちゃんは急成長します。

せり出してくるお腹にもちろんお腹の皮が限界を迎えるからです。
皮膚が内側から引っ張られることで、破けて亀裂が入ってしまいます。

そこから妊娠線の前兆がでるのですが、妊娠線の原因はそれだけではありません。
妊娠線のもうひとつの原因は妊娠によるホルモンバランスの変化です。

妊娠中期から後期にかけて女性ホルモンの分泌量が増えます。
これらは皮膚の弾力にかかせないコラーゲンの生成を抑制し、肌のターンオーバーを阻害するのです。

コラーゲンは肌を若々しく保つ大切なものです。
それが減少すれば肌は乾燥しやすく、妊娠線ができやすい環境を作ってしまいます。

妊娠線の前兆に気づいたら、早めに予防を!

ただ保湿クリームを塗るだけでは妊娠線予防にはなりません。
ホルモンバランスもある程度整える必要があります。

肌の乾燥予防するために体の中からと内側から保湿しましょう。
潤いを与えてくれる食材を積極的に摂取しましょうね。

肌を若々しくさせてくれる食物を積極的にとり、かつ肌を乾燥させないことです。
クリームだけでは保湿は間に合いません。

体重管理と一緒にぜひ取り組んでください。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ