妊娠初期の腰痛を上手に軽減しようとするならば




vol01

もともと腰痛持ちの人もいれば、妊娠してから腰に痛みを覚える人もいます。
体の中心部分であるというだけではなく、女性にとっては子宮のある臓器部分に近いこともあるので、妊娠初期の腰痛には気をつけたいですね。

妊娠初期に感じる腰の痛みは、体の作りが出産に向けて変化することによる影響から起こることがあります。

骨盤まわりの変化

妊娠の自覚がまだない人も多い妊娠初期から、ホルモンの分泌内容・バランスが変化し始めるのです。
赤ん坊を育む子宮や出産のために適切な体になろうと、徐々に変わっていくのですね。
もちろん、子宮まわりを支える役目も持つ骨盤も、胎児の成長に合わせて子宮が大きくなることに対応しようと緩み始めます。
その結果、骨盤まわりの骨や筋肉等も適応しようとしますから、妊娠初期の段階から腰痛として症状が表れがちなのです。

軽い運動・無理のない動き

とはいえ、腰痛があるのは決して楽しいことではありません。
おなかに赤ん坊を抱え始めた妊娠初期であっても、上手に腰痛を軽減するための方策を採りたいものです。
まず、妊娠初期という大事な時期でもありますから、腰に負担をかけないような動き・体勢を心がけましょう。

また、特に医師から運動を避けるように言われてないのならば、散歩がてらウォーキングのような軽い運動を取り入れるのも良いですね。
腰まわりの筋肉を鍛えることで、腰痛の軽減も期待できます。

それだけではなく、妊娠初期からでも妊婦帯を利用して腰を支えてみましょう。
妊婦帯をすることで腰を適度に支え腰痛を軽減します。

また、おなかまわりも包み込むものなので、妊娠初期の頃から腰・おなか共に冷えを遠ざけることもできて一石二鳥ですね。
軽い運動と組み合わせることで、姿勢も良くなって腰痛の軽減に繋がるのではないでしょうか。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ