臍帯ヘルニアの原因と治療法 赤ちゃんは大丈夫?


出生前に赤ちゃんに異常を指摘されることはあります。
すごく不安になりますよね。

その中でもあまり聞きなれない異常に臍帯ヘルニアがあります。
臍帯ヘルニアの原因と治療法についてご紹介したいと思います。

臍帯ヘルニアとはどんな病気

臍帯ヘルニアは赤ちゃんがかかる病気です。
へその緒の中に生じるヘルニアの一種です。

胎児ドックやエコーでわかることが多いので出生前に臍帯ヘルニアを指摘される場合がほとんどです。
臍帯ヘルニアの赤ちゃんは臍帯つまりへその緒に腸管や肝臓といった臓器が出てしまっています。

臍帯ヘルニアが原因で赤ちゃんの成長に支障が出てしまうのでなんらかの治療が必要になります。
臍帯ヘルニアは出生1万人に1人前後の頻度で発生するといわれています。

決して多い確率ではありませんがゼロでもないので、赤ちゃんに臍帯ヘルニアが見つかるとショックですよね。
臍帯ヘルニアの怖いところは染色体異常や消化管、中枢神経系などの重症奇形を合併している可能性があるところです。

臍帯ヘルニア自体は出生後手術でお腹の中に戻すことができるので大丈夫です。
原因は正常な胎児の発育過程で何かの原因によって腹壁が作られる時に不具合があったからといわれています。

完全に閉鎖されないことが原因で体内の臓器などが臍の緒内に飛び出してしまうのです。
ただ他にも臍帯ヘルニアになる原因が考えられます。

胎生が8〜10週頃になるとへその緒の中にあった腸管が腹腔内に戻るようになります。
完全に戻りきれないことが原因で成長の過程で臍帯ヘルニアになってしまいます。

小さい臍帯ヘルニアなどはこれが原因とされています。
原因はなんであれ、心配ですよね。

臍帯ヘルニアの治療方法は

臍帯ヘルニアと出生前にわかっていれば分娩自体はそれほど問題ありません。
ただ病院側では臍帯ヘルニアにすぐ対応できる体制を整えておく必要があります。

術臍帯ヘルニアの治療方法は基本は手術です。
おなかの外に出ている臓器をお腹の中に戻してお腹の壁を閉めます。

手術は基本的に生まれてすぐ生後24時間以内に行います。
お腹の外に出ている臓器が少なければ、1回の手術でお腹の壁を閉めることができます。

その場合には臍帯ヘルニア以外に原因がなければ普通の生活は大丈夫です。
しかし臍帯の中に出ている臓器が多い場合や肝臓なども出ている場合は、1回の手術ではお腹の壁を閉めることができません。

そのために何回かの手術で少しづつ臓器をお腹の中に戻していきます。
これを多期的修復術というんですが1歳ぐらいまで治療はかかる可能性があります。

治療費は保険適用なので費用はあまり心配する必要はありません。
時間がかかるので覚悟が必要です。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ