陣痛が怖いときのリラックス方法伝授します!






はじめての妊娠のときに陣痛ってどんな感じなんだろうって不安になりまいた
他の人の陣痛体験談をきくとちょっと怖いと思いました。

特に会陰切開の話をきくとなおさら陣痛怖いっておびえたときもありました。
そんなときわたしが産院で紹介されたリラックス法をご紹介します。

陣痛を怖いと思うほど難産になりがち!

たしかに陣痛は痛かったです。
でも大なり小なり出産には痛みはつきもの。

ただ必要以上に陣痛を怖いと思うと難産になりがちなのでリラックス法はとっても大切です。
怖いという恐怖は結構侮れないマイナス作用があるので要注意です。

陣痛はお産の準備ができていよいよ赤ちゃんが外へ押し出されるとき子宮が収縮するために起こります。
陣痛の感じ方には色々なパターンがあります。

高齢出産だと陣痛が長引きがちといわれています。
通常、陣痛は次第に痛みが強くなり、間隔が短くなっていきます。

陣痛が強くなってくるとついいきみたくなります。
けれど子宮口が全開になって赤ちゃんの頭が通れるようになるまでは我慢して耐えなければなりません。

赤ちゃんが出てくる瞬間より、この陣痛を我慢する間が大変です。
定期的な痛みが襲ってくるのを耐えなければいけません。

陣痛が怖いという気持ちはとっても理解できます。
でも一時だけなのですから、必要以上怖いと思う必要はありません。

むしろ怖いという気持ちが産道を委縮させ、赤ちゃんが通りにくくなります。
ゆったり気持ちで陣痛を乗り切れるのが理想です。

怖い陣痛をリラックスする方法は?

ちょっと前までは陣痛を楽にするためにラマーズ法が主流でした。
フランスのラマーズ博士が開発した、呼吸とリラックスによって、陣痛の痛みを乗り切る方法です。

自分で生むという前向きな姿勢で取りくむことによって痛みを肯定的に受け入れるというものです。
陣痛が来たときに呼吸に意識を集中することによって赤ちゃんにたくさんの酸素を送り、痛みをやわらげることができます。

でも今ほとんどの産院ではソフロロジーを活用しているところが多いのではないでしょうか?
わたしの出産をした病院ではソフロロジーを採用して、無料で母親教室とヨガ教室を毎週開催していました。

わたしはそれに通っていました。
そのおかげかわかりませんが陣痛は30分ぐらいでするっと生まれました。

ソフロロジーの特徴は陣痛の痛みを単なる苦しみではなく赤ちゃんを生み出す喜びだとポジティブに考えているところです。
そのためには妊娠中からリラックス効果の高い音楽を聴いたりして普段から体をやすめます。

そして出産のイメージトレーニングし陣痛がきても慌てず、ゆったりとした気分で出産を迎えます。
東洋のヨガと禅を取り入れているため、あぐらをかいてゆっくり吐く呼吸が基本になります。

陣痛がきたら、私の産院ではリラックス効果のある音楽を流してくれます。
わざわざ教室に通う必要もありません。

自宅で音楽を聴きながらでもできます。
もしちょっとでも陣痛怖いなって不安になっているなら、ソフロロジーをやってみてはどうでしょうか?



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。




3位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。

>>肉割れを消す専門のNOCORクリームの料金・詳細はこちら







このページの先頭へ