出産前の美容院 何週でいくのがベスト?




出産後は授乳やオムツ替え、夜泣きなどのお世話で、ママはなかなか眠れず、出産前と違って、自分のことは後回しになりがちです。
そういった面からも、出産前に美容院へ行っておきたいというママも多いですが、一体妊娠何週で美容院へ行くのがベストなのでしょうか?
産後は、いつ行けるか分からない美容院だからこそ、出産前の最適なタイミングを見つけましょう。

出産前に美容院へ行く時のポイント

1)妊娠中であることを伝えておく

美容院への予約の際に、妊娠中であることを伝えておきましょう。
あらかじめ伝えておくと、匂いや姿勢、ブランケット、ドリンクなどを配慮してもらえる可能性が高いです。
同じ姿勢ばかりで辛い時やトイレに行きたい場合は、遠慮せず美容師さんに言いましょう。

また、「出産したらいつ来られるか分からない」と伝えることで、髪型やセルフケアのアドバイスをもらいやすいです。
出産前のママもお店側も、気持ちよく美容院を利用できるように、コミュニケーションを大切にしましょう。

2)パーマやカラーは避ける

出産前にパーマをかけたり、ヘアカラーをしても、薬剤が体へ入る量はわずかなので、医学的には、母体や赤ちゃんにほとんど影響がないと言われています。
ただし、妊娠によってホルモンバランスが変化し、出産前は皮膚トラブルが起きたり、色が入りにくいこともあります。
美容院によって、刺激の少ないパーマ液やカラー剤を使ってくれるお店もあるため、一度問い合わせてみるのがおすすめです。

そして、出産前のヘアカラーは、明るいカラーより落ち着いた色を選ぶと、髪が伸びた時に地髪との差が少なくて済みます。
その他に、市販のカラーリング剤は、美容院のものより刺激が強いので、出産前の使用は避けましょう。

3)長時間掛かるコースは、日を分ける

出産前に長時間のコースを選ぶと、美容院の匂いや同じ姿勢でいることなどから、想像以上に疲れてしまいます。
手間は掛かりますが、出産前の美容院は、1回につき2時間までのメニューを選び、2時間以上掛かるなら別の日に分けましょう。

4)無理をしない

リラックスやリフレッシュの目的で訪れる美容院ですが、出産前の体は思いの外デリケートです。
なので、つわりなどで少しでも体調が悪かったり、寝不足の時は美容院へ行くのをやめて、体調の良い日に変更してください。

さらに、仰向けの姿勢でいるシャンプーの間は、大きくなったお腹によって、内臓が圧迫され、気分が悪くなることもあります。
その時は、少し膝を曲げると、苦しい体勢を和らげられます。
ママと赤ちゃんのためには、無理をしないのが最優先です。

美容院へ行くベストな時期は?

お腹の大きさや体調の善し悪しに個人差はありますが、結論として、比較的体調が安定し、お腹も大きくなっていない身軽な時期が最適です。
妊娠週数で言うと、17週から35週に当たります。
臨月に入ると、いつ出産するか分からないので、出産前の美容院は、臨月までに済ませておくのがベターです。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ