骨盤ベルトと腹帯 腰痛妊婦にはどちらがいい?


妊娠中のマイナートラブルとして、多くの妊婦さんが悩まされている「腰痛」。
その腰痛には、骨盤ベルトと腹帯、どちらが良いのでしょうか?
それぞれの特徴と共に見ていきましょう。

妊婦の腰痛は、どうして起こりやすいの?

妊娠すると、出産に向けて骨盤がゆるみやすくなります。
また、子宮が大きくなるにつれて、体の重心が前方へ移り、前に倒れないよう背骨が反ります。
その際に、骨盤が体のバランスを保つため、腰痛になりやすいのです。

妊娠中の腰痛は、腰の低い位置に起こりやすいのが特徴です。

さらに、出産後も赤ちゃんを抱っこしたり、授乳するなど、ママは前かがみの姿勢が増えます。
そうなると、腰に負担が掛かりやすく、腰痛が悪化するママもいます。
できるだけ腰痛の予防やセルフケアを行って、体を守りましょう。

骨盤ベルトの特徴

お腹の下からしっかりホールドし、腰への負担を和らげるのが、骨盤ベルトです。
腰痛予防に最適な骨盤ベルトは、マジックテープで留めるものがほとんどなので、お腹のふくらみや体調によって、ホールド力を調節できます。
加えて、骨盤ベルトは出産後の骨盤調整にも役立ち、長期間使用可能です。

その一方で、骨盤ベルトは正しく装着しないと効果が薄れ、腹帯に比べると、保温力に欠けます。

腹帯の特徴

外からの衝撃や冷え、腰痛などから体を守る腹帯には、3つの種類があります。

1)さらしタイプ

昔ながらの腹帯で、戌の日の安産祈願で頂くのも、このタイプです。
さらしなので、肌への負担が少なく、吸汗性に優れています。
お腹の大きさに合わせて、自由に締めつけ具合を調節できるのがメリットで、きっちり巻くと安定感があります。

ただし、慣れないうちは、巻くのに時間が掛かり、お手洗いや着替えの度に巻き直さないといけません。
そして、さらしは長いので、洗濯が大変だと感じる方もいます。

2)パンツタイプ

お腹がふくらみ始める妊娠中期以降に使用できます。
パンツタイプの腹帯は、履きやすくて、トイレも楽です。
ずり上がったり、下がることがないので、外出時や仕事中でも、安心して着用できます。

しかし、ガードルのようなホールド力があるので、締め付けられるのが苦手な方には向きません。
ショーツの上から履くものと、ショーツ代わりになるパンツタイプの腹帯があります。

3)腹巻きタイプ

着脱が楽なので、お腹が大きくなってからもさっと着用でき、妊婦健診の際にも便利な腹帯です。
他のタイプの腹帯に比べると、締めつけがゆるくて温かいので、眠る時や自宅でリラックスしたい時に最適です。
その反面、ホールド力が弱いのでずれやすく、腰痛対策の効果も低いでしょう。

結果的に骨盤ベルトと腹帯、どっちが良いの?

これまで骨盤ベルトと腹帯の特徴を挙げましたが、最終的にはホールド力があり、簡単につけられる骨盤ベルトがおすすめです。
骨盤ベルトは、腹帯に比べて保温性が低いので、腹巻きをした上から装着すると、骨盤ベルトのデメリットを補うことができます。

とはいえ、腰痛の程度や締めつけ具合の好みには、個人差があります。
それぞれの特徴を踏まえた上で、少しでも快適に過ごせるよう、自分に合ったものを選んでください。



妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。



数ある妊娠線クリームのうち、成分・品質・使用感・コスパを比較しました。
できて後悔しないためにも、早めに妊娠線ケアを始めてくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームには、海外でも妊娠線予防に効果が高いとされている"シラノール誘導体"が配合され、保湿効果が非常に高いのが特徴です。

また、敏感肌の方でも安心して使えるように、5種類のオーガニック素材と美容成分が配合され、お肌に優しいのが特徴です。

実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちらです。



2位:NOCORクリーム



NOCORクリームは、妊娠線・肉割れを消す専用のクリームです。

すでにお腹などに妊娠線ができてしまった方、太ももなどにセルライトがある方などにおすすめのクリームです。

実際にNOCORクリームを使った私の体験談はこちらです。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



1本2800円と業界で最も安く、コスパが非常に高いのが特徴です。

葉酸が配合され、血行を促進します。ベルタよりは保湿力が落ちますが、伸びやすくベタつきにくい、バランスがとれたクリームです。








このページの先頭へ