妊娠線を予防する方法


妊娠中、お腹が大きくなるにつれてできやすくなるのが妊娠線です。

妊娠線は一度できてしまうと、二度と消えることがないといわれています。

頑張って出産しても、結果お腹に大きなひび割れができてしまったら大ショックですよね!!

妊娠線があったら醜くて水着も着られません!><

妊娠線を予防するには、正しい予防ケアが必要です。
そのためには、正しい知識を知って、正しい塗り方で妊娠線予防クリームを塗ることが重要なのです。

自己流で妊娠線予防ケアを続けて、失敗して思ってもみなかった所に妊娠線ができてしまったというママの話をたくさん聞いてきました。

出産後に後悔しないためにも、妊娠したらすぐに妊娠線予防をはじめていきましょう!

妊娠線ができる原因とは?

妊娠線ができる原因は、急激な体重増加とホルモンの影響にあります。

妊娠中に急激に太り体に脂肪がつくと同時に、皮膚が引き延ばされて割れ目ができてしまうのです。

このメカニズムは、皮膚の下にある真皮や皮下組織にあるコラーゲン、弾性線維が断裂され、赤紫色の瘢痕を残してしまいます。これが妊娠線です。

妊娠線は妊娠中でなくても急激に太ったときにできることもあります。

また、妊娠中はホルモンの分泌が変わり、コルチコステロイドホルモンというホルモンが大量に分泌されています。このホルモンの影響により、肌のターンオーバーの働きが抑制されて、普段よりも肌の代謝が抑えられているのです。

その結果、肌はよけいに弾力を失い、弱い状態になっているため、普段よりもよけいに傷つきやすい状態になっているので妊娠線がよりできやすくなるのです。

妊娠線予防対策の方法とは?

妊娠線を予防するには、体重コントロールと保湿ケアの2つが重要になってきます。

急激な体重増加を防ぐコントロールは、最近ではどの産婦人科でも指導が厳しくされていますので、太らないようにいろいろとアドバイスを受けることができるでしょう。

しかし、妊娠線予防ケアについては産科ではほとんど指導されることがないのが現実です。そのため、自己流で妊娠線の予防保湿ケアを行い、失敗して妊娠線をつくってしまった妊婦があとをたちません。

正しい妊娠線予防のための保湿ケアは、とにかく朝晩毎日、たっぷりと保湿クリームを塗りこむことです。

特に、お腹が大きくなりはじめると、手がお腹の下やお尻のあたりまで届きにくくなるので、お腹以外の見えない場所に妊娠線ができてしまうことに注意しなければなりません。

1、2日くらいなら大丈夫・・と思っていても、たった半日塗るのをサボっただけで、急に妊娠線ができてしまうのが怖いところなのです。

妊娠線クリームの選び方

妊娠線予防のための保湿クリームは市販で多く販売されているので、どれを購入しようか迷うところですよね。

妊娠線予防クリームを選ぶポイントを以下にあげましたので参考にしてください。

1)肌に優しい成分を使用しているか

妊娠中に使うものですので、肌に優しく、
香料など合成成分が無添加のものが望ましいです。

2)保湿効果が高いか

妊娠線を予防するには、保湿が最も大切です。
保湿効果が高いクリームを選ぶことが大切です。

3)のびやすく、ベトつきにくいか

毎日塗りこむものですので、肌がベトつくオイルタイプはあまりおすすめしません。
のびがよく、サラりとしたつけ心地のほうがよいでしょう。

4)コストパフォーマンスが高いか

毎日使用するものですから、値段が相応なものがよいでしょう。
特に臨月近くになると大量に使いますので、コスパが高いもののほうがお財布に優しいです。



このページの先頭へ